メンズ脱毛サロンFigo
メンズ脱毛のご予約はこちら

VIO脱毛はめっちゃ痛い?VIO脱毛の痛みを解説【サロンが回答】

VIO脱毛はめっちゃ痛い?VIO脱毛の痛みを解説【サロンが回答】 メンズ脱毛

 

店長 佐々木
店長 佐々木

メンズ脱毛サロンFigo(@Figo_shinjuku)の佐々木です!

今回は『VIO脱毛時の痛み』について解説していきます。

VIO脱毛はめっちゃ痛い?VIO脱毛の痛みを解説【サロンが回答】

VIO脱毛、ちょっと興味あるんだけど、かなり痛いって効くんだよね。

実際どれくらい痛いんだろう…痛みを和らげる方法ってないかな?

 

最近当店でも増えている【VIO】の脱毛。

その施術数は一年前に比べて数倍にも上ります。

 

そんな密かに人気が出てきているVIO脱毛。

脱毛自体が「痛い」と言われている中、「デリケートなVIOの痛みはどれくらいなんだろう?」と疑問に思っている男性も多いのではないでしょうか?

 

今回の記事では『VIO脱毛の痛み』に関してお答えしていきたいと思います。

 

※この記事は全国に展開中のメンズ脱毛サロンFigoが監修しています。

VIO脱毛って痛いの?【めちゃくちゃ痛いです】

店長 佐々木
店長 佐々木

VIOの脱毛は「めちゃくちゃ痛い」です。

いきなり結論から入ると、VIO脱毛は『かなり痛い』です。

全身の中でも特にVIOは痛みが強く、当店では大体の男性が「うぐぁ」って感じに絶叫しています。

 

ちなみにVIOとは

VIOとは?

V=ビキニラインから男性器(サオ)周り
I=男性器(タマ)横から裏側周り
O=肛門周り

のことで、痛みの強さから順番を付けると『O>I≒V』って感じ

Oの痛みは全身の中でNo1です。

IとVに関しては個人差がありますが、両方とも『かなり痛い』という認識でOK。

とにかくVIOの脱毛は痛いというのは間違いありません。

VIO脱毛が痛い理由とは?

VIO脱毛が全身の中でも特に痛い理由は

皮膚がデリケートである
皮膚の色が黒く(濃く)なっている
毛が太い

の3つです。

 

皮膚がデリケートである

VIOの部分の皮膚はとてもデリケート。

外部の刺激にも弱いので、脱毛器のフラッシュなどでも敏感に反応してしまいます。

特に男性器の付け根と肛門周りの皮膚は柔らかく、痛みが強く出やすい傾向があります。

皮膚の色が黒い(濃い)

脱毛の仕組みは『黒いものに光が反応して熱を加える』というもの。

(※詳しくは3分で分かる!髭脱毛の仕組みをカンタン解説【サロン監修】でも解説しています。)

つまり、肌の色が黒っぽいと脱毛時の痛みが増すということ。

全身の中でもVIOの肌色は黒っぽくなっているので、脱毛器の光が反応し、他の部位よりも痛みが強くなってしまうのです。

毛が太い

これは個人差がありますが、VIO(特にVライン)は太い毛が生えやすい部位です。

毛が太いほど脱毛器が反応し、痛みが強くなります。

さらにV周りは毛の密度も濃く、脱毛器の反応も出やすい傾向が。

『脱毛器が反応する=効果がある=痛い』なので、VIOの痛みは他の部位よりも強くなってしまうんですね。

VIOは他の部位と比べてどれくらい痛い?【ランキングで発表】

 

店長 佐々木
店長 佐々木

VIOの痛みは全身の中でもTOP3に入ります。

脱毛部位の痛みをランキング化してみます。

「VIOはやったことないけど、他の部位はある」という方は参考になると思うので見てみてください。

痛い脱毛部位ランキング

1位-Oライン
2位-鼻下
3位-Iライン
4位-Vライン
5位-アゴ
6位-ワキ
7位-足(ヒザ下)
8位-手の指
9位-腕(ヒジ下)
10位-腕(ヒジ上)

 

Oは断トツで1位。

2位は鼻下です。

顔には神経が集中しているので、以外にもVIラインより痛みは強いんですね。

3位、4位にそれぞれIラインとVラインがランクイン。

顔の脱毛経験がある場合「鼻下より少しマシなくらい」の痛みだと思っておくと想像がつきやすいですね。

 

VIO脱毛の痛みを軽減する方法【基本はガマン】

店長 佐々木
店長 佐々木

VIOは痛みを軽減する方法は【冷やす】or【麻酔】です。

VIOに限らずですが、脱毛の痛みを軽減する方法は【冷やす】と【麻酔を使う】の2種類が主流です。

 

冷やして痛みを軽減する場合、冷却ジェルを使ったり、脱毛器の冷却機能を使ったりします。

この場合は基本的に『痛い』です。

メンタルを強く保って、とにかく耐えるしかありません。

 

冷却ジェル

↑当店で使用している冷却ジェル

冷却ジェルを冷蔵庫でキンキンに冷やし、施術直前に塗って脱毛部位を冷やします。

保湿成分も配合されているので、施術部のケアも同時にできるのがいい所ですね。

 

脱毛器に冷却装置がついている場合は、施術時に瞬間的に施術部を冷やして痛みを和らげる流れとなっています。

 

医療系の脱毛クリニックでは痛みを軽減するために【麻酔】のオプションがあるので、どうしても痛みに耐えられない場合は、有料で麻酔してもらうこともできます。

 

痛い思いをしてまでVIO脱毛する理由とは?

店長 佐々木
店長 佐々木

VIO脱毛を希望する人の脱毛理由は人それぞれですね。

「そんな痛い思いをしてまでVIOやる必要ある?!」という声も聞こえてきそうなので、当店でVIO脱毛をされている方の脱毛理由を紹介します。

海外の女性から見るとVIOの毛は不潔!

VIOを脱毛する理由として多いのが『海外にいくから』というパターン。

 

日本などのアジア圏ではそこまででもありませんが、ヨーロッパなどでは『男のVIOのムダ毛処理は当たり前』です。

VIOに毛が生えていると「No!」って感じに気持ち悪がられるんだとか…

 

よく海外に旅行に行ったり、海外勤務が多いなど、海外の女性と触れ合う機会が多い人はVIO脱毛をしてから行くそうですよ。

夏場の股間蒸れがイヤ!

夏場の暑い時期の股間の蒸れが気になる人も多いですね。

 

VIO部分は汗をかく割に通気性も悪く、毛が多いと蒸れて痒くなったり、臭いが発生してしまうことも。

「夏場に向けてVIO脱毛!」という男性も比較的に増えてきました。

 

特に営業職の人などは夏場でもよく動くので、VIOの蒸れを無くしたい願望があるようです。

美意識MAXでムダ毛が許せない

「全身脱毛し尽くしたから最後はVIO!」という強者も。

脱毛を繰り返していくと、毛が無くなる感覚がクセになって、ムダ毛が生えていることが許せなくなってくるそうです。

最初は顔の脱毛から始めて、どんどん脱毛個所が増え、最終的にVIOに行き着く人も実は多いんですね。

まとめ

店長 佐々木
店長 佐々木

VIO脱毛は痛いです。やるならある程度覚悟しておいた方がいいかも。

VIO脱毛の痛みについて解説してきました!

さっくりまとめると

・VIOの脱毛は痛い
・Oラインは全身で一番の痛み
・V・Iラインはヒゲ(鼻下)と同じくらい痛い
・痛みを和らげるなら冷やすか麻酔を使う
・最近はVIOを脱毛してる人が増えている

こんな感じですね。

VIO脱毛は痛いので、やるならば気合が必要です。

今後もVIO脱毛のニーズは増えていくのは間違いないので、痛みに耐えられる自信がある方はぜひ試してみてくださいね!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント